カタログや雑誌、本などにはさまざまな綴じ方が用いられています、その中でも多いのが、中綴じと無線綴じです。中綴じとは、中央の部分を針金で止める綴じ方で、会社のパンフレットやページ数の少ない雑誌などにこの綴じ方が用いられることが多くなっています。無線綴じは背を糊で接着して製本する綴じ方で、糸や針金を使用しないので無線という呼び名がついています。商品カタログや文庫本、テキスト本などにこの綴じ方が用いられることが多く、中綴じと比較すると、多くのページ数を綴じることができます。印刷会社への依頼や、ネット印刷で発注をかける場合にはこの2種類の綴じ方がよく用いられます。冊子は、綴じ方によって見栄えも変わってくるので、どちらの綴じ方が適しているかを作成依頼前に検討することが大切です。今回は、無線綴じ冊子を中心に紹介していきます。

無線綴じ冊子のメリット・デメリットとは

無線綴じ冊子は先にも書いたように、ページ数に制約がなく、多くのページ数が綴じられますが、見栄えもいいのがメリットです。また、文庫本などのように背表紙がつけられるので、本棚に並べる時に整理がしやすく、丈夫なつくりなので長期保管しても急激に劣化することは少ないのが特徴です。メリットしかなさそうな無線綴じですがデメリットもあります。厚めの文庫本を読んだことがある人は経験があると思いますが、ページの真ん中部分を根本から開くことができないため、読みにくさが生じます。また、見栄えがいいと言ってもページ数が少ない冊子の場合には、糊付けする幅がないため、中綴じの方がいいということもあります。無線綴じ冊子は加工の特性上、生産期間を長く要する場合もあるので、印刷依頼前に納期確認は必ずしておきましょう。

無線綴じ冊子の印刷で気を付けた方がいいこと

無線綴じ冊子の印刷をする時には、気を付けなければならない点があります。文字中心の冊子の場合、綴じた中央のノドと呼ばれる部分やセンター付近の余白には余裕を持たせることが必要です。余白をつくることによって冊子になった時に読みやすくバランスのいい仕上がりになるからです。また、写真やイラストを載せる場合には、ノドの部分を避けてレイアウトすると写真全体が見やすくなるのでおすすめです。背表紙の厚さを考えてページ数を調整して背幅を予め計算しておくことも必要になります。無線綴じ冊子の印刷を行ってくれる業者はネットで検索すると複数社出てきますが、それぞれ料金やサービスがことなるので何社か見て見積もりを出してもらうようにしましょう。また、可能であれば、サンプルを見せてもらいどのような仕上がり具合になるかを確認しておくのもおすすめです。