商品カタログやパンフレット、取扱説明書などの冊子を作るときに欠かせない作業が、印刷した紙を本の形に整える製本という作業です。この製本作業の中にある綴じという作業は、完成した冊子の印象や見栄えに大きくかかわるため、自分が作りたいとイメージする冊子と合うような綴じ方を採用することが大切です。その中で、文庫本や書籍といった厚めのカタログの綴じに向いている、無線綴じ冊子という製本方法があります。糸や針金、ホッチキスといったものを使用しない製本となるため、無線綴じと言われています。かなり強力なのりを使用して背表紙をしっかりと固めているため、耐久性に優れているメリットがあります。また、比較的厚みのある冊子を綴じるのに向いており、見た目の綺麗さが特徴的な製本となっています。

無線綴じ冊子の種類について紹介します

商品カタログやパンフレット、取扱説明書といった分厚い本の製本に向いている無線綴じ冊子ですが、無線綴じ冊子には切断無線綴じとアジロ綴じの二種類があります。まず切断無線綴じですが、こちらは冊子の背にあたる部分を削って接着面を作り、そこにかなり強力なのりをつけて綴じる方法です。そしてアジロ綴じは、切込みを入れた部分にのりを浸透させる方法となっています。どちらも背表紙があるため、ハードカバーとソフトカバーのどちらの冊子にも対応が可能です。また、他の製本方法と比較してもしっかりとした印象に仕上がるメリットがあります。しかし、背にあたる部分にのりをつけているため、真ん中部分を目一杯に開くことができません。そのため、イラストや写真を見開き部分に配置したり、ギリギリに文字を印刷しないよう注意が必要です。

無線綴じ冊子ならではのメリットとは

無線綴じ冊子は、本の背にあたる部分をのりで固めて製本しているため、表紙が別用紙となる場合が多くなっています。ページ数によって背幅が異なり、ある程度ページ数が多くなれば背にあたる部分にタイトルなど印刷することが可能となります。他の製本方法とは異なり、背にあたる部分が四角になることから、高級感のある見た目を演出することができるメリットがあります。また、表面にPP加工などの加工を施すことにより、さらに見た目の高級感や耐久性をアップさせることも可能です。針金や糸などを使用しないで製本をするので、製本方法の中では耐久性が高いというメリットもあります。会社や学校案内や社内報、カタログ小冊子、決算報告書や文庫本、小論文や情報誌、フリーペーパーといった多種多様な冊子の製法に適しています。

印刷のクオリティに自信あり。アート本やパンフレット、カタログやZINEが得意です。お電話でのお問い合わせは平日9時半から17時半まで台本印刷業界ナンバーワン!映画や舞台、ドラマの台本を作るなら是非弊社をご利用ください展示会やイベント用のペーパーアイテムは全てお任せくださいポストカード印刷なら弊社におまかせ!必ずご満足頂けます。モノクロ印刷のインクがマット!オフセットと遜色ない印刷面無線綴じ冊子を印刷するなら三公社を是非ご利用ください。